読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジョギングサポート

[カシオ]CASIO 腕時計 PHYS TIMERS11国内メーカー1年保証つき  RFT-100-1JF

ジョギングはあらゆる運動の基礎となりますね。 心肺機能を上げることで運動能力を向上できます。 また、有酸素運動の代表格でもあり、脂肪を減らすために必要な運動です。

ジョギング方法

ジョギングの方法はいろいろとありますが、目的に応じておおよそ二種類が代表的です。

  • 一定の速度で長い距離を走る
  • 速い速度と遅い速度を交互に繰り返し走る

一般的なジョギングは前者になるかと思います。 この目的は長い時間走ることに慣れる。 特に、心肺機能に長い時間負荷がかかることに耐性を作ります。

後者の目的は高負荷を加える事で筋力・心肺機能を向上させることです。 また、遅い速度で走っている間に心肺機能を回復させるトレーニングになります。

これらの方法はどちらも必要であり、一方だけやればパフォーマンスが上がるというものではありません。 目的に応じて一方を多めにするのはありだと思います。

ジョギングの記録

http://techent.tv/wp-content/uploads/2014/11/Butterfly-Twists-Best-Fitness-Running-Apps-Nike-Running.jpg

このようなジョギングをする際にいつもどれくらいで走っているかの記録は大事です。 記録するのにおすすめなのが、Nike+です。 Nike+はGPSと連動したアプリで走行距離はもちろん、地点ごとの走行族度や信号などでの停止を判定して記録してくれます。

これを見ることで、コースのどの地点で減速したかがわかります。 これにより、自分が坂に弱い、広範囲減速する、などといった分析ができます。

ジョギングを記録するのにスマホを持っていかなければなりません。 手に持つのは論外にしても、どのようにつけるかは人によって好みが別れます。 よくあるのは次の2つですね。

  • お腹に巻くポーチタイプ
  • 腕に巻くタイプ

それぞれのタイプについては以下の商品がおすすめです。

ジョギング中の時間管理

ジョギング方法の二つ目で紹介した方法のときに時計を気にして20秒とか10秒とかのインターバルについて時計を見て確認する集中できないですよね。 Nike+を使用していると他のアプリを使えないのでタイマーアプリを使うことができません。

そこで、この用途にぴったりの腕時計があります。 CASIOのPHYS RFT-100-1JFがおすすめです。 この時計はインターバルの設定ができるので、速く走る時間と遅く走る時間を交互に設定できます。 この時計は設定に応じて、バイブもしくは音でインターバルの開始・終了を知らせてくれます。

[カシオ]CASIO 腕時計 PHYS TIMERS11国内メーカー1年保証つき  RFT-100-1JF

[カシオ]CASIO 腕時計 PHYS TIMERS11国内メーカー1年保証つき  RFT-100-1JF