腹筋:ドラゴンフラッグ

リーディングエッジ フラットベンチ LEFB-005 [耐荷重200kg ダンベル トレーニング]

ドラゴンフラッグは腹筋トレーニングの中でも最も有効なものの一つとして考えられています。 腹筋を伸ばす筋肉と収縮する筋肉の両方を高負荷で行えるのが特徴です。

ドラゴンフラッグには腕で掴んで動かない壁や棒、あるいはフラットベンチが必要です。 私はいい感じの壁がないのでフラットベンチを入手しました。

リーディングエッジ フラットベンチ LEFB-005 [耐荷重200kg ダンベル トレーニング]

リーディングエッジ フラットベンチ LEFB-005 [耐荷重200kg ダンベル トレーニング]

やり方

  1. フラットベンチの端に足を外に座り、フラットベンチに寝そべる
  2. 頭の位置にあるフラットベンチの端を両手で掴む
  3. 首と手を支えに足を垂直方向に立てる
  4. 足を体の下方向にゆっくり下ろす。この際に背中を反るようにする
  5. 背中がフラットベンチに着きそうになるまでおろしたら、背中を反った姿勢のまま垂直位置までゆっくり戻す
  6. 4-5を繰り返す

ドラゴンフラッグは高負荷なので、慣れないとやりにくいかと思います。 そういう時は、最初は膝を曲げて始めて、徐々に膝を伸ばしていくようにするといいでしょう。 また、下ろしたところから戻れない、という人は下ろす角度を浅めから始めるといいでしょう。