読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

超回復

トレーニングをしていれば必ずと言ってもいいほど耳にする「超回復」。 本当と書かれていたり、実は嘘と書かれていたり、何を信じていいのやら...

よく聞く超回復とは

  • トレーニングによって傷ついた筋繊維が回復して、元の強度よりも強くなること
  • 強度が上がるまでには一定期間(48~72時間程度)の休養が必要
  • 強度が上がったタイミングでトレーニングをすることで、次回の回復でさらに強度が増す
  • トレーニング、休養のリズムを繰り返すことで筋力を上げていくことが可能

超回復理論の元ネタ

「筋グリコーゲン超回復」を勘違いしたものが上記の超回復と言われています。

筋グリコーゲン超回復とは、

  • 筋肉にグリコーゲンをより多く溜めることを目的としている
  • 一旦筋肉のグリコーゲンを枯渇させると次回の蓄積量が増大する
  • グリコーゲンの増加により運動パフォーマンスが上昇する

やっている内容はそっくりですね。 どうも「超回復」はこの筋グリコーゲン超回復がゆがんで伝わってしまったもののようです。

とはいっても

トレーニングをして筋繊維が回復するのに休養が必要なのは間違いないでしょう。 なのであまり時間にとらわれず継続的にトレーニングするのがいいでしょう。

超回復が嘘か本当かは自分で実験してみないとわかりませんね。 いろいろな休養期間を試してみて、トレーニング効果がでやすいリズムをつかめるといいですね!

おわりに

超回復のアイデアは結局のところ「トレーニング+休養」のリズムってことになります。 こんなの当たり前だと思いますし、休養をほとんど入れずにトレーニング三昧の生活は普通は送れませんよね(笑)

私の場合は2日に一度トレーニング日を設けて、日によってトレーニングする部位を変えています。